薬学部生必見!就職する調剤薬局の選び方

スポンサーリンク

「調剤薬局に就職したいけど、どうやって選べばいいんだろう?」

調剤薬局の就職先選びで迷っていませんか?

現在直売薬局の数は50000を超え、中小から大手まで全国各地に様々な薬局があるので迷うのも無理はないですね

また、就職してから「こんなはずじゃなかった」となるのは避けたいですよね

まぁ迷えるのはとても幸せなことではありますけど笑

本記事では調剤薬局に勤務する筆者が就職する調剤薬局の選び方について解説していきます

本記事を参考にしていただき、就活の際に調査していただけたらと思います

スポンサーリンク

将来性あり!理想の薬局

新規事業

積極的に新規事業を展開している薬局は企業として安定していると思います

というのも薬局業界は、転換期を迎えています

政策として医薬分業が進められ、どんどん拡大してきた薬局業界ですが求められる薬局像が見直され、調剤報酬にも反映されています

業界全体が変わろうとしているときに今までの業務を続けているだけでは当然生き残ることはできません

そこで、これから求められるであろう薬局像について研究し、積極的に事業展開している薬局は将来性があると思います

具体的には

  • 在宅業務(施設在宅)
  • 高度医療
  • 健康サポート機能

あたりが挙げられます。

病床不足問題から「病院から家へ」という流れは加速するでしょうし在宅業務は今後も必要とされます

また近年、薬局の機能として高度医療を担う薬局と、健康サポート薬局が定義されました。

今後はこれらが調剤報酬の算定要件になっていく可能性がありますから、積極的にこれらの機能を獲得しようとしている薬局には期待していいと思います

薬剤師のスキルアップ支援

学会参加費用などをサポートしてくれる薬局にも期待できます

先述した高度医療や健康サポートには専門薬剤師が必要となる可能性があります

なので薬剤師のスキルアップを積極的に行っている薬局は将来を見据えた経営をしていると思います

また、薬剤師の中でも専門性を発揮することができれば他の薬局への転職にも役立ちます

企業の中でのスキルアップももちろん大切ですが、薬剤師個人のスキルアップを支援してくれる薬局には期待できると思います

スポンサーリンク

ブラック?こんな薬局に気をつけろ

避けた方がいい薬局は非常にシンプルで、人手が不足している薬局です

薬局業界は女性比率が高いこと、転職が容易であること、転換期であることから、ある程度人手不足になることは仕方ないです

しかし、人が離れていきやすい職場には何かしらの原因があるはずです

また、人手不足が深刻になるとこれから挙げていく問題が起こってきます

頻繁に異動がおこる

人手が足りていない場合、なんとかやりくりするために配置の変更が起こりやすいです

ただ、これをしていると新たな店舗の業務を覚えなくてはならないので効率が悪いですし

場合によっては引っ越しをしなければならないかもしれません

住む場所が安定しないのは衣食住のうち「住」が確保されていないことになりますし、生活における不安が増えQOLが下がります

心配事が増えたら仕事にも影響してきますよね。

住む場所を固定したとしたら今度は通勤時間が長くなるかもしれません

実働時間には通勤時間は書いてありませんから注意してください

休みが取れない

人手が足りていないので当然休みは取りにくくなります

遊びに行くためでなくても、所要のために休みを取りたいケースは多々あります

「俺はバリバリ働くから休みなんかいらないよ!」

という人も最低限の休みは取れないと、これもまた不安の原因になってしまいます

単純に激務

人手が足りていないので当然一人当たりに任される仕事が増え激務になります

勤務時間内に忙しいのはむしろありがたいことかもしれませんが

残業が多かったり、休日出勤が多かったりするとこれもまた日常生活にも影響してきます

スポンサーリンク

具体的な薬局選びの作戦

では具体的にどのような企業に就職すればいいのでしょうか?

また、就職説明会などではどのようなことを聞けばいいのでしょうか?

本章ではこちらを解説していきます

スキルアップ支援に関して

学会参加などに積極的かどうか聞いてみましょう

具体的には

  • 学会参加の記録
  • 資金援助に実績
  • プレゼン作成のサポート

を確認しましょう。

資金援助は毎年何人までされているのかも聞いておきましょう。

資金援助をしている(毎年1人のみ)とかだとチャンスが少ないですよね

またプレゼン作成についても丸投げではなく、サポート体制が整っているかどうか確認しましょう

ちなみに学会参加はアピールポイントになるので、ホームページなどに記載されていなかったらまず参加していないと考えていいです

新規事業に関して

先述した在宅業務(施設在宅)、高度医療、健康サポートについてどのように事業展開しているか聞いてみましょう

高度医療や健康サポートについてはまだまだこれからなので、何か準備をしているか聞くのがいいと思います

ここでかなり具体的な回答が返ってきたらポイント高めですね

在宅業務に関してはかなり浸透してきているので、どのような業務を行っているか聞いてみましょう

とくに施設在宅を行ってる薬局は安定していると思います。

ただし、施設在宅は安定している分、効率のいい業務ではありませんので、どのように効率化を図っているかなども聞くといいと思います

これに関しても具体的な回答が得られたらポイント高めですね

新規事業に関してもアピールポイントですので、ホームページなどに書いていなかったら力を入れていない企業と考えていいでしょう

人手不足に関して

まず薬局の薬剤師数÷店舗数が3以上になるか計算してみてください

これは1店舗あたりに配属される薬剤師数を表していて、3人以上なら1人が休んでも2人で担当することができるということです

この数が小さいほど1人で業務をしなければいけないケースが多いと考えていいでしょう

薬剤師数が少ない店舗は患者が少なく経営的に苦しい店舗ということですので、先ほどの値が小さいほど経営難の店舗を抱えていることになります

また、完全週休二日を実現できている薬局は十分な人員を確保できている場合が多いです

「1日+半日休×2もあり」と記載されている場合はどの程度の社員がその形態なのか確認しておきましょう

また、なかなか無いですが就職の難易度が高い薬局は人手不足とは無縁です

面接や筆記試験を行うなどしてしっかり選別している場合は頭数をそろえようとしている薬局ではありませんので期待できると思います

スポンサーリンク

まとめ

調剤薬局業界は現在転換期であり、これに対応するべく活動している薬局でないと将来的にフアンかと思います

また人手に関しても、人が離れていく要因がないか、しっかりとした経営がされているかなど見えてきますので要確認です

もし人手が足りていないのならばなぜ足りていないのか納得できる理由を求めましょう

以上、本記事が薬学生の就職活動に役立てば幸いです

コメント

タイトルとURLをコピーしました