薬学部志望必見!真の薬剤師国家試験大学別合格率ランキング

スポンサーリンク

「薬剤師の資格を手に入れたいが、どこの大学がおすすめなんだろう?」

日本には薬学部が70以上あるますが、進学先は1か所に絞らなければいけません。

志望する薬学部選びで悩んでいませんか?

何を参考に選んだらよいのでしょうか?

薬学部選びに役立つデータの1つに”学校別薬剤師国家試験合格率”があります。

薬剤師になるためには国家試験の合格が必須ですから是非参考にしたいところです。

本記事では105回薬剤師国家試験のデータから、学校別の合格率をランキング形式で紹介します。

スポンサーリンク

これが真の薬学部別合格率ランキングだ!

105回薬剤師国家試験の新卒合格率。合格者数/出願者数×100で計算。参考:厚生労働省HP

  国立   公立   私立

真の合格率ランキングとは?

大学別国家試験合格率は、卒業試験による卒業延期・秋卒業により見かけが高くなっている可能性があります。

この仕組みに関しては以下の記事で解説しておりますので参考にしてください。

そのデータ信じていいの?薬剤師国家試験”真”の合格率とは

今回作成したランキングでは、卒業延期の影響をなるべく受けないようにするために

合格者数/出願者数×100”によって合格率を求めました。

これにより12月時点で国家試験を受ける気満々だったが、その後の卒業試験に不合格になり国家試験を受けられなかった学生も国家試験を受けたことにして計算することができます。

つまり、このランキングは見かけが高くなっている合格率を補正した真の合格率ランキングになっています。

スポンサーリンク

ランキングの考察

国立・効率の大学は合格率が高い

今回は国立大学、公立大学、私立大学で色分けを行いました。

するとランキング上位はほとんど赤と青、つまり国立・効率の大学であることが分かります。

これに関しては、国立・公立大学の薬学部は全体的に偏差値が高く、高校生の時点で勉強ができる学生が集まるからではないかと予想できます。

高校生で勉強した内容が国家試験に出ることは少ないですが、薬学の基礎となる内容は高校でも勉強しますし、効率の良い勉強法を身に着けている学生も多いと思いますので必然かとおもいます。

しかし偏差値が高いほど合格率が高いわけではない

たしかに大学の偏差値が高いほど国家試験の合格率が高くなる傾向にありますが、合格率の順位が偏差値の順になっているわけではありません。

これに関しては、大学での学習環境も合格率に大きく影響するからだと考えられます。

高校の勉強では薬の勉強はしませんから、やはり大学でどれだけ勉強したかが重要です。

偏差値が低くても合格率の高い大学は、国家試験に向けたカリキュラムやサポートが充実しているのかもしれません。

スポンサーリンク

合格率の高い薬学部にはそれなりの理由・メリットがあるはず

充実したサポート

合格率が高い大学は、外部講師による講習が多数開催されるなど国家試験に向けたサポートが充実している可能性があります。

大学の講義も国家試験を意識した、薬剤師として必要な知識を厚く勉強するかもしれません。

1年時から国家試験対策を行い、ノルマが課されることが原因で留年率が高くなるかもしれませんが、勉強をさぼらないように追い込んでくれていると考えればサポートであると言えます。

勉強せずにスムーズに進級したとしても国家試験に不合格なら意味がないですからね。

まわりのレベルが高い

合格率が高いわけですから、当然優秀な学生の割合が高いことになります。

周りが勉強しているので、自分もつられて勉強する気になりやすいですし、難しい問題も協力して解くことができます

協力する仲間を集められれば、テスト対策資料や単語カードなどを提供しあって、効率よく勉強することもできます

受験は団体戦ってやつです。

ちなみに、薬学の勉強は薬の名前と効果など暗記をする割合が多いので単語カードでの勉強が効果的です。

仲間がいれば以下の記事のような効率の良い勉強法もできますね。

高校のテスト対策、大学受験対策でも使えるアプリですので参考にしていただけると幸いです。

薬剤師国家試験 薬理学勉強法 薬理は単語カードアプリで攻略できる

スポンサーリンク

薬剤師になりたいなら合格率の高い大学を目指そう

先述した通り、合格率の高い大学にはそれなりの理由とメリットがあるはずです。

適当な大学に進学するのではなく、メリットを受けられるような大学に進学することをおすすめします

なぜならば、あなたの最終的な目的は薬学部に合格することではなく薬剤師になって活躍することのはずだからです。

薬剤師になるための教育が充実しており、活躍できる人材に成長できる環境を目指しましょう。

以下の記事で効率の良い薬学部受験法について記載しているのでよろしければご覧ください。

薬剤師になりたいなら国公立薬学部の推薦を目指すべき

コメント

タイトルとURLをコピーしました