薬学部生必見!忙しい大学生におすすめのアルバイト5選

大学生活は生活費や学費に加え、人付き合い、趣味などお金が必要です。そこで

「大学受験に無事合格し、いよいよ大学生活!高校ではアルバイトが禁止されていたけど大学生になったしアルバイトしてみようかな」

という方、多いと思います。しかし、世の中には多くのアルバイトがあり、どんなアルバイトをすればいいか悩んでしまうのではないでしょうか?特に勉強で忙しい薬学生はアルバイトのしすぎで留年...なんてことは避けたいですよね。そこで本記事では僕の実体験や薬学部の友達からのリサーチで、薬学部をはじめとした忙しめの学部生にオススメのアルバイトを紹介していきます。

この記事はこんな人にオススメ

  • 薬学部に入学する予定の人
  • 現在薬学部でアルバイトを探している人
  • アルバイト選びの参考にしたい人

【必読】一番オススメのアルバイト

一番オススメのアルバイト、それは

勉強すること(単位をとること)

です。少し騙すような形になってしまい申し訳無いのですが、これだけは覚えておいて欲しいので最初に書きました。薬学部の学費は国公立で年額50万円、私立で年額200万円で、留年をすると1年あたりそれだけの金額を失うことになります。

「たくさんアルバイトをして年間100万円稼いだけど留年して200万円払うことになった...」

では本末転倒ですよね。生活費や学費の支払いが大変な人もいると思いますが、奨学金などのシステムを上手に活用して

「まずは勉強!余裕のある時間でアルバイト!」

というスタンスをとることを強くお勧めします。特に薬学部は勉強量が多く忙しいため、ほかの学部の人と同じように...というわけにはいきません

「朝の5時までバイトしてて1、2限は寝てた(笑)」

という生活は単位を落としても進級してから来年再履修すればよいほかの学部では許されるかもしれませんが、薬学部は必修単位が多く日程が被るため、まず進級ができない可能性が高いです。しっかりと勉強時間を確保するように心がけてください。また、労働を強制させられるブラックバイトはすぐにやめましょう。

個別指導塾講師 おすすめ度★★★★

  • 時給        ★★★★
  • 稼ぎやすさ     ★★★☆
  • 休みの取りやすさ  ★★☆☆
  • スキルの活かしやすさ★★★★
  • 今後への活かしやすさ★★★☆

1対1や1対2形式で授業を行う個別指導型の塾講師です。薬学部生の定番と言えるアルバイトかもしれません。僕自身も長く働きましたし、友達でも多くの人が働いていました。

個別指導塾講師のメリット

  • 時給が高い(飲食店と比べて1.5~3倍ほど)
  • 薬学部に入るために勉強した経験を活かせる
  • 椅子に座っている時間が長いので体力の消耗が小さい

なんといってもまずは時給ですよね。塾講師は誰もができるアルバイトではなく、ある程度の勉強の経験が必要なので需要が高く、高時給での求人も多いです。また、塾にもよりますが”医歯薬受験コース”を設けている塾もあり、対応できる講師が医歯薬学部の学生や十分な実績のある講師に限られていますのでさらに需要が高く、時給3000円の求人もあります。

求められるスキルは勉強の知識とそれをわかりやすく伝える力です。伝え方に関しては工夫が必要ですが、知識に関しては既に身に付けているものを使えますので「仕事を覚えるのが大変...」といったことにはなりにくいです。また、苦手な教科を担当する必要はありません。

体力の消耗が小さい点も大きなメリットだと思います。家に帰ってから勉強やレポート作成などをしなければならないとき疲れていたら集中できませんし、最悪寝てしまいますよね。

個別指導塾講師のデメリット

  • 始めたばかりでは生徒数が少なく稼げない
  • 休みが比較的取りづらい

個別指導塾講師では基本的に生徒の担当になり、同じ生徒を継続して指導します。始めたばかりでは担当する生徒がついていないのでほとんど働くことができません。「30分かけて教室に行って1時間だけ働いて30分かけて帰ってきた...」ということもあり得ます。この問題は1~2か月働いていくことで改善されていきますが、始めた手は非常に物足りなさを感じました。

また、特定の生徒を担当するため休みがとりにくいです。担当する教科を指導できる先生が少ないほど替えが利かなくなり、「テストがあるから休みたい。A君とB君の代打教師は見つかったけどC君は自分しか教えられない数Ⅲだ...」といった事態も考えられます。生徒に相談して別の日に授業を行うこともできますが、生徒やそのご家族次第となります。

家庭教師 おすすめ度★★☆☆

  • 時給        ★★★★
  • 稼ぎやすさ     ★★☆☆
  • 休みの取りやすさ  ★★★☆
  • スキルの活かしやすさ★★★★
  • 今後への活かしやすさ★★★☆

家庭教師は勉強を教えるといった点では塾講師と同じですが、実際に働いてみると勤務形態はかなり違います。それは、良くも悪くも担当する過程に大きく左右されるといった点です。うまく勤務形態を自分のスタイルに合わせて構築できればかなりおいしいアルバイトになりますが、失敗すると非常に効率の悪いアルバイトになります。初めてのアルバイトにはあまりお勧めできませんが、条件次第ではとても効率の良いアルバイトなので紹介します。

家庭教師のメリット

  • 時給が高い(家庭教師紹介業者または家庭次第)
  • 通勤時間を短くすることができる(家庭次第)
  • 薬学部に入るために勉強した経験を活かせる
  • 椅子に座っている時間が長いので体力の消耗が小さい

時給に関してはほとんど個別指導塾講師と同じですが、家庭教師には個人契約といったスタイルもあります。個人契約の場合は完全に担当する家庭との相談次第になります。もし薬学部の中でも替えが利かない高学歴(全国的に高学歴でなくても、地域No1でよい)であれば時給3000~5000円もあり得ます。ただし、個人契約の場合は確定申告が必要になる場合もありますので注意しましょう。また、塾からの引き抜きも控えましょう。

これも担当する家庭次第ですが、家に近い家庭と契約すれば通勤時間1分ということも可能です。通勤時間が短ければ実質的な時給が上がり、勉強や遊びの時間も取れるのでお得です。

家庭教師のデメリット

  • 好条件の家庭が見つかるかは運次第
  • 条件の悪い家庭を担当すると非常に効率が悪い

メリットの項で”通勤時間1分、時給5000円も可能”といった理想を書きましたがあくまで理想です。僕は”通勤時間5分、時給4000円”という好条件で指導していたこともありますが、家庭教師歴4年目でようやく見つかった好条件です。家庭教師をする上でのスタンスは”好条件以外契約しない”が正解だと思いますが、ある程度妥協しないとその間は家庭教師としての収入は0になってしまいます。なので、「これからアルバイトを始めよう!」という方の1発目のアルバイトにはおすすめできません。

条件の悪い家庭と契約した場合は”通勤時間30分、時給1500円で90分指導してまた30分かけて帰る”という実質時給900円の勤務形態になってしまうこともあります。契約する際は通勤時間やほかの家庭との連続授業(同じマンション内が効率いいです)と時給を考慮して契約したいところです。通勤時間が片道30分であれば最低でも時給2000円は欲しいところですね。

飲食店(居酒屋など) おすすめ度★★★★

  • 時給        ★★☆☆
  • 稼ぎやすさ     ★★★★
  • 休みの取りやすさ  ★★★★
  • スキルの活かしやすさ★☆☆☆
  • 今後への活かしやすさ★★★☆

人によっては「えー、飲食かぁ...大変そう...時給も塾のほうが高いし」というイメージを持っているのではないかと思います。たしかに基本は立ち仕事で動き回るので疲れるのですが、実は結構お勧めです。

飲食店のメリット

  • 面接をクリアすれば次の日から働ける
  • シフト制なのでメリハリが利く
  • キッチンであれば調理、ホールであれば客の対応を学べる
  • まかないがでる

店舗にもよりますが、面接に通ったらすぐ「いつから働ける?」と聞かれます。新人の指導ができる従業員がいれば次の日からでも勤務可能です。基本的に働きたいときはお金がない時なのでこの点はありがたいです。

従業員大きく不足している店舗でなければ、ある程度シフトに融通が利くため直近にテストがくガッツリ働きたいときはガッツリ働き、テスト期間は休むといった働き方も可能です。僕の働いていた居酒屋では「テスト期間に2週間くらいなら休んでいい」と言ってくれました。大学生以外も多く勤務している業界ですので大学生のテスト期間でも替えが利くのが大きいと思います。ただし、従業員が大きく不足している店舗には要注意です。シフトに融通が利かず、毎日勤務になってしまうこともあるのでしっかり調査してから応募しましょう。

調理の技術や客の対応(酔っ払い、クレーマー)技術が身に付きます。薬剤師として働く場合、様々な境遇の患者を対応しなければならないため、アルバイトで学んだ接客技術を活かす機会もあると思います。

飲食店のデメリット

  • 立ち仕事なので体力の消耗は大きい
  • 客からハラスメントを受ける場合がある
  • 声を張る場面もあるので苦手な人にはつらい

休憩以外は基本的に立ち仕事なので慣れるまではかなり大変だと思います。夏休みなど疲れてそのまま寝てしまっても問題がない時期に慣れておいて、勉強に影響がないようにしたいです。

客の対応を学べる点はメリットなのですが、中には度が過ぎた客もいます。そういった客からの嫌がらせで疲れてしまう人もいます。”慣れればよい”で済まされない事態の場合は責任者に守ってもらうようにしましょう。

いわゆる体育会系の雰囲気のお店もあります。そういった雰囲気になじみのない方はお店選びを慎重に行いましょう。飲食店は数多く存在するので自分に合う雰囲気のお店もあります。

調剤薬局・ドラッグストア おすすめ度★★★☆

  • 時給        ★★☆☆
  • 稼ぎやすさ     ★★☆☆
  • 休みの取りやすさ  ★★★☆
  • スキルの活かしやすさ★☆☆☆
  • 今後への活かしやすさ★★★★

薬剤師の職場ということで調剤薬局やドラッグストアでのアルバイトも薬学生には人気です。あまりガッツリ稼ぐ職場ではありませんが、勉強になることも多いと思います。まったり働きたい人にオススメですね。

調剤薬局・ドラッグストアのメリット

  • 薬剤師に業界のことについて聞ける
  • 薬の知識を勉強できる
  • 落ち着いた雰囲気のところが多い

調剤薬局やドラッグストアには薬剤師も勤務しているため、仲良くなれば薬局業界について詳しく知ることができます。インターネットや説明会ではなかなか仕入れられない業界の情報を知ることができる可能性もあり、自分の進路を決定する際に役立ちます。

医薬品を目にする機会は多いため医薬品についての知識を学ぶことができます。服薬指導についても自分ではできませんが薬剤師が行っているところを見学することはできるため、実習に向けた予習ができます。

医療機関ですので店舗の雰囲気は落ち着いています。ドラッグストアでは品出しなどでバタつくこともあるかもしれませんが、声を張り上げる必要はほとんどないです。

調剤薬局・ドラッグストアのデメリット

  • ガッツリ稼ぎたい人には向かない
  • 病人と同じ空間にいることになるので、風邪などに注意

時給、勤務時間ともに平凡なため、「勉強に余裕も出できたしガッツリ稼ぐぞ!」という人には向かないです。ドラッグストアでは深夜番などで長時間働くことができるかもしれません。

また、風邪などの感染症の患者と接する機会が増えるため、感染症対策には普段よりも気を使う必要があります。

単発派遣 おすすめ度 ★★★☆

  • 時給        ★★☆☆
  • 稼ぎやすさ     ★★★★
  • 休みの取りやすさ  ★★★★
  • スキルの活かしやすさ★☆☆☆
  • 今後への活かしやすさ★☆☆☆

最後に紹介するのが単発でのアルバイトです。イベントスタッフやティッシュ配り、棚卸などがあります。

単発派遣のメリット

  • 無理なく働けるときだけ働ける
  • 求人があれば毎日でも働ける
  • 求人によっては即日で給料がもらえる

単発派遣のアルバイトは応募をしたら仕事が発生するので忙しい時は応募をしなければアルバイトをする必要はありません。テスト期間などはしっかり勉強に集中できる点は大きなメリットだと思います。逆に、申し込みさえすれば毎日でも働くことができ、ガッツリ稼ぐこともできます。

求人によっては給料の即日現金払いを行っているものもあり、すぐに現金が必要といったときに助かります。

単発派遣のデメリット

  • 仕事の困難さは求人次第
  • 自分に合った求人を毎回選んで応募する必要がある
  • 初回は研修がある場合もある
  • 地方では求人数が少なく探すのが困難な可能性がある

仕事の困難さは求人次第であり、実際に働いてみるまで分からないこともあります。

自動で雇用され形態とは異なるので毎回求人に応募する必要があり、人によっては面倒に感じるかもしれません。

未経験者でも応募可能な求人も多いですが、初回は研修が必要な場合もあり、事前に集合をかけられる場合もあります。

また、都会では求人が多く自分に合った仕事を発見することも容易ですが、地方では求人が少なく自分に合った仕事を見つけるのが困難かもしれません。

まとめ

以上が自分の経験や薬学部生へのリサーチから、薬学部生をはじめとした忙しめの大学生にオススメできるアルバイトです。もちろんここで紹介したアルバイト以外で興味があるアルバイトがあればどんどん挑戦してもらいたいですが、最初に挙げたように一番優先すべきは学校の勉強です。それを念頭に置いたうえでアルバイトもして、大学生活を満喫していただけたらと思います。

おすすめの記事