薬学部とは?6年制と4年制、忙しさ、学費や就職まで詳しく紹介

病院で処方箋をもらって薬局に行くと薬を渡してくれる薬剤師。誰もが1度はかかわっていると思います。そんな薬剤師の資格を取るための学部と言えば薬学部で、こちらも耳にしたことがある人がほとんどだと思います。皆さんは薬学部についてどんなことを知っていますか?

「薬のことを勉強する学部でしょ?」

「大人に薬剤師の資格があれば将来安泰って言われた」

「勉強ばっかりで大変って聞いた」

人それぞれだと思いますが、薬学部について詳しい人はあまりいないんじゃないでしょうか。今回はそんな薬学部について現役薬学生が紹介していきたいと思います。

この記事はこんな人にオススメ

  • 将来的に薬剤師になりたい人
  • 進学先に悩んでいる高校生
  • 子供が薬学部に行きたいと言っているお父さん、お母さん

1. 薬学部って薬剤師になる学部じゃないの?

”薬剤師になるためには薬学部に進学する必要がある”というのは間違っていませんが、薬学部=薬剤師というわけではありません。実は、薬学部はさらに2つの科に分かれており、薬剤師免許を取得できないコースもあります。

1-1. 薬剤師免許の取得を目指す”薬学科”

別名6年制とも呼ばれる薬学科は、薬剤師免許を取得するためのカリキュラムが組まれたコースになります。6年間かけて、基礎科目の勉強や実験、病院や薬局での実習、卒業研究を行い6年目の終わりに薬剤師国家試験を受験します。

1-2. 研究第一!修士や博士の取得を目指す”薬科学科”

6年制と呼ばれる薬学科に対して4年制とも呼ばれるのが薬科学科です。薬科学科は4年間で基礎科目の勉強や実験を行います。その後、多くの卒業生は大学院に進学し修士やさらに上の博士の取得を目指します。薬学科と違い病院や薬局での実習がないため薬剤師国家試験を受験することはできません。

2. どんなことを勉強するの?

2-1. 共通の授業

どちらの学科でも1~3年次は薬学に関する基礎的な内容を学習します。教科書や黒板、スライドを用いた、いわゆる座学と、それに関連した実験授業(実習)で勉強します。教科をざっくりと紹介します。

  • 生物化学(生体のしくみについて。細胞、タンパク質、DNA...)
  • 有機化学(物質の化学反応について。合成、分解、触媒...)
  • 物理化学(物質の特性について。エネルギー、光、水と油...)
  • 分析化学(物質の測定について。滴定、クロマトグラフィー、炎色反応...)
  • 薬理学(薬の効くしくみについて。血圧降下薬、血糖降下薬、麻酔薬...)
  • 統計学(データの処理ついて。平均値、関数、標準偏差...)
  • 薬物動態学(体中での薬の動きについて。吸収、代謝、消失...)
  • 衛生(環境保全について。細菌、毒物、栄養...)

また、薬学科では4~6年次、薬科学科では4年次と大学院にかけて研究室に所属して卒業研究を行い、最終学年で卒業論文を執筆します。

2-2. 薬学科に特有の授業

薬学科(6年制)では5年次に、病院と薬局で合計22週間の実習を行います(実務実習)。この点が薬科学科(6年制)との一番の違いになります。また、何の訓練もしていない学生がいきなり患者さんの対応をすることはできませんので、4年次に病院や薬局実習のための訓練(事前実務実習)を行います。

また、薬剤師になるにあたって病気や治療の知識も必要になりますので

  • 病態学(病気の特徴について。症状、血液検査、治療方針...)
  • 薬物治療学(病気に対する薬の使い方について。処方、用量、副作用...)

といった勉強も3~4年次にかけて行います。

2-3. 薬科学科に特有の授業

薬学科(6年制)と比較して、特有の授業はとくにないです。その分、ひたすら研究やそれに関連した学習を行います。研究に関しては所属する研究室ごとに大きく異なりますが、ざっくり例を挙げますと

  • 薬の成分を合成する
  • 薬を投与して効果や安全性を確認する
  • 錠剤やカプセルといった薬の形を作る

などの研究があります。また、研究関連の学習として

  • 研究を効率よく進めるために論文を読む
  • 英語論文を読んだり、発表するために英語の練習をする
  • 学会で発表する、他者の発表を聞く

といったことを行います。薬科学科(4年制)では実務実習がない分、たくさんの時間を研究や研究関連の学習に充てることができます。

3. 薬学部って忙しい?

結論から言いますと、とても忙しいです。見方を変えればたくさん勉強させてもらえる、スキルアップにつながると捉えることもできますが、プライベートの時間を取ることはほかの学部と比べると難しいです(全く取れないわけではありません。あくまで比較です)。そのわけを説明していきます。

3-1. 薬学部が忙しい理由① 実習は単位取得効率が非常に悪い

これは理系学部全般に言えることですが、理系が忙しい理由のほとんどはこれだと思います。講義形式の教科ですと、90分の講義×15回+テスト=2単位です。一方で実験系の科目は実習の種類にもよりますが240分の実験×15回+レポート=2単位です。実務実習に至っては420分の実習×55回で10単位です。実習の単位は、1単位当たりの取得時間が非常に長いことがわかると思います。

3-2. 薬学部が忙しい理由② 研究室配属がある

これは配属される研究室によって大きく差がありますが、力を入れている研究室だと帰宅時間が24時以降となることもよくあるそうです。研究に対する考え方や技法、知識など学べることは多いですが、やはり研究や卒論は大変ですね。研究室は研究の内容も大切ですが、雰囲気や活動時間に関しても合う合わないがありますのでよく考えて選びましょう。

3-3. 薬学部が忙しい理由③ 卒業1か月前に国家試験がある

薬学科(6年制)限定です。他の理系学部でも卒業研究はあり、卒業論文の執筆に追われますが、その提出や発表が終われば解放されます。しかし薬学科では国家試験が控えているため2月の最終週まで勉強する必要があります。また、多くの薬学科生は卒業研究と並行して国家試験の勉強をします。

4. 薬学部の就職先は?

僕が通っている薬学部(公立薬学部)の情報です。薬学科と薬科学科を分けて紹介します。就職率は両学科ともに100%でした。なお、学校によって傾向が異なると思いますのでご容赦ください。

4-1. 薬学科の就職先

薬剤師免許を取得できますので、薬剤師として働く方が多いですが、製薬企業をはじめとした企業に就職する方もそれなりにいます。割合は僕が知っている範囲での情報で、全数調査ではありません。ご容赦ください。

  • 調剤薬局、調剤併設ドラッグストアの薬剤師(35%くらい)
  • 病院の薬剤師(30%くらい)
  • 研究職(15%くらい)
  • MR、その他(20%くらい)

薬学科でも研究はしますので研究職としての就職も可能です。業界最大手の製薬企業に就職した人もいました。私立の薬学部に比べると相当研究に力を入れているそうなのでその影響もあると思います。ごく少数ですが薬学、科学と全く関係のない企業に就職する人もいます。

4-2. 薬科学科の就職先

薬科学科では薬剤師免許の取得はできないため、全員が製薬や食品などの企業や公務員への就職となります。ごく少数ですが薬学、科学と全く関係のない企業に就職する人もいます。

薬学部の学費って?

国公立の薬学部では、ほかの国公立の学部と同じで年額約50万円です。私立の薬学部は学校にもよりますが平均すると年額約200万円のようです。どちらの学科でも6年間通学するとして、総額は各年額×6となります。まとめると

  • 国公立薬学部 50万円×6年=300万円
  • 私立薬学部  200万円×6年=1200万円

まとめ

以上、薬学部の紹介になります。いかがでしたでしょうか。もし物足りない方がいらっしゃいましたらコメント欄にて質問してください。少しでも薬学に興味をもっていただけたら幸いです。それでは。

おすすめの記事